メニュー

病気のときのお風呂

[2018.07.27]

こんにちは東小岩わんぱくクリニックです(*^_^*)

 病気のときのお風呂についてです。

熱があるとき

  つらそうなときは控えましょう 

  一時的に熱が下がったときは汗をさっと流してあげると良いです。

咳や鼻水が出ているとき

  顔色がよく、食欲や元気もある場合はお風呂に入って平気です。

お風呂と新陳代謝

  咳や鼻水が続くからと、何日もお風呂に入らないのはアカがたまり皮膚の呼吸によくありません。

  新陳代謝を刺激したり寝つきを良くするなどの効果がありますのでなるべく入れてあげてください。

  

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME